カナメ通気断熱システム
通気+断熱+耐火のハイスペック

カナメ通気断熱システム 30分耐火認定 鉄骨造に最適

  • 断熱材厚:65mm
  • 仕上りの屋根はタテ葺・ヨコ葺どちらも可
  • 通気構造による、熱気・水蒸気の自然換気
  • 換気棟採用
  • 既存屋根を剥がさずエコ改修
CADデータダウンロード
カナメ通気断熱システム

発泡断熱材(通気断熱65)使用で
屋根30分耐火認定取得。

通気もできるので建物の長寿命化に最適。

発泡断熱材(通気断熱65)使用で屋根30分耐火認定取得。

横葺き 30分耐火仕様【カナディー】

横葺き30分耐火仕様【カナディー】

縦葺き 30分耐火仕様【フリーハットⅡ型】

縦葺き30分耐火仕様【フリーハットⅡ型】
  • 熱貫流抵抗値 Rt =1.940(m2・K)/W
  • 熱貫流率 Kt =0.516W/(m2・K)
  • 熱貫流抵抗値
    (+カナディー仕様)
    Rt =2.464(m2・K)/W
  • 熱貫流率
    (+カナディー仕様)
    Kt =0.406W/(m2・K)
  • 1時間あたりの放出熱量(参考モデルより) 10.3(W/m2) 8.9(kcal/m2)
  • 耐火 30分耐火認定 FP030RF-1863(1)
    FP030RF-1863(2)

※耐火:(財)建材試験センターにて実証

※数値は当社計算値であり、性能を保証するものではありません。

発泡断熱材(通気断熱65)使用で
屋根30分耐火認定。

  • 縦葺き・横葺き・金属瓦・あらゆる金属屋根に対応(※1)
  • 新築、既築(※2)を問わず施工が可能
  • コロニアル(ストレート屋根)へのカバー工法も可能
  • R加工対応(※3)
  • RC造、S造、木造に対応(※4)
  • 換気棟対応
  • 大型物件対応
  • 衝撃・荷重に強い
  • 屋根30分耐火認定
  • 断熱性能
  • 遮音性能
  • カバー改修

※1 耐火仕様の場合は、対応屋根材は横葺きでは
【カナディー】、縦葺きは【フリーハットⅡ型】
に限られます。

金属瓦は本システムでの耐火には非対応です。
金属瓦【カナメルーフ】【洋瓦王】は製品個別で
耐火対応が可能です。

※2 既築改修での耐火についてはお問い合わせ下さい。

※3 詳しくはお問い合わせください。

※4 建物の規模・仕様・用途により使用できない場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

熱貫流抵抗値1.940 (m2・K)/W※当社試験値

屋根下地に敷き詰められる断熱材は厚み65mmながら、優れた断熱性能を発揮します。さらに遮音効果も付加されます。

  • ・自己消火性発泡ビーズ採用で施工性と
    断熱性能を両立
  • ・あらゆる屋根下地に使用可能
    (鉄骨、コンクリートなど)
従来比5倍の「125mm 断熱材」

屋根30分耐火試験紹介

耐火試験参考動画

(動画はフリーハット2型の試験時のものです)

屋根30分耐火を取得していますので安全性の
求められる幅広い建物に対応できます。

【認定番号】
FP030RF-1863(1)、FP030RF-1863(2)

軒先から棟への「換気構造」

軒先からフレッシュな空気を取り込み、暖められた空気が上昇する作用を利用して棟から自然換気し、熱と湿気の排出を促します。

  • ・屋根構造体の結露を抑制します。
「換気棟システム」についてはこちら
軒先から棟への「換気構造」