システム-vi工法
カナメの屋根換気外断熱

システム-vi工法 RC造に最適

  • 断熱材厚:125mm・75mmの2種
  • 超断熱性能
  • 瓦棒屋根改修にも標準対応
  • 仕上りの屋根はタテ葺・ヨコ葺どちらも可
  • 通気構造による、熱気・水蒸気の自然換気
  • 換気棟採用
  • 既存屋根を剥がさずエコ改修
CADデータダウンロード
システム-vi工法

断熱で最高性能のシステム。

断熱で最高性能のシステム。
新築納まり(S造)
新築納まり (S造) 新築納まり (S造)
カバー工法 (コロニアル)納まり (S 造)
カバー工法(コロニアル) (S造) カバー工法(コロニアル) (S造)
カバー工法 (長尺瓦棒)納まり (S 造)
カバー工法(長尺瓦棒) (S造) カバー工法(長尺瓦棒) (S造)

設置後の断熱性能(RC工法)

システム-vi 工法 (75mm)
  • 熱貫流抵抗値 Rt =1.714(m2・K)/W
  • 熱貫流率 Kt =0.583W/(m2・K)
  • 熱貫流抵抗値
    (+カナディー仕様)
    Rt =2.283(m2・K)/W
  • 熱貫流率
    (+カナディー仕様)
    Kt =0.438W/(m2・K)
  • 1時間あたりの放出熱量(参考モデルより) 11.7(W/m2) 10.0(kcal/m2)
システム-vi 工法(125mm
  • 熱貫流抵抗値 Rt =2.925(m2・K)/W
  • 熱貫流率 Kt =0.342W/(m2・K)
  • 熱貫流抵抗値
    (+カナディー仕様)
    Rt =3.494(m2・K)/W
  • 熱貫流率
    (+カナディー仕様)
    Kt =0.286W/(m2・K)
  • 1時間あたりの放出熱量(参考モデルより) 6.8(W/m2) 5.9(kcal/m2)

※数値は当社計算値であり、性能を保証するものではありません。

屋根の中を空気が移動し断熱効果を
最大限に発揮する新しいシステム。

  • R 対応が可能 最小曲率半径 =7m
  • 縦葺き材、横葺き材どちらも施工可能
  • 完全乾式工法
  • 下地を選ばない(RC造、S造、木造)
  • 断熱性能が優れている
  • 新築、改修を問わない
  • 自己消火性ビーズ採用のため、万一の火災でも安心
  • 換気棟対応
  • 大型物件対応
  • 衝撃・荷重に強い
  • 断熱性能
  • 遮音性能
  • カバー改修対応

従来比5倍の「125mm 断熱材」

従来比5倍の「125mm 断熱材」

「厚さ125mm」という圧倒的な厚みの断熱材は外部からの熱の侵入を防ぎ、室内からの暖房熱や騒音の流出を防ぐ、「土蔵」のような機能を実現します。

軒先から取り込んだ空気が屋根の中を移動し、
断熱効果を最大限に発揮します。

軒先
換気棟