スレート(コロニアル・シングル)

コロニアル・シングル改修

既存スレート屋根を安全かつ低コストで封じ込める封印工法

アスベスト含有の既存屋根材を粘着性ルーフィングで覆い、直接金属屋根によって封印し、屋根改修を行います。
改修用の野地板は不要で、使う部材が少なく施工することができるので、コストを抑えることができます。

  • 参考図

スレート屋根のトラブル例

新築時のスレート屋根は、安価で軽いため採用されることが多いです。
築10年ほど経ってくると、色あせや傷みが目立ってきます。

  • 色あせ
  • 塗装のはがれ

上記の症状が気になると、手軽な塗装を考えたくなるものです。
一見、キレイになるのですが、屋根の状態によってはより傷みを進行させてしまう場合もあるため私たちは、スレート屋根の塗装をお勧めしていません。

  • ひび割れ

    塗装で屋根自体が傷んでしまう可能性

  • 縁切りされていない

    スレート重なり部の排水機能が塗料によって塞がれている状態

  • アスベスト

    問題解決になりません。

    屋根・アスベスト対策