金属屋根(ガルバリウム鋼板・チタン)製造メーカー・施工・販売・大型施設・公共施設の屋根工事・改修工事のカナメ

> 会社案内

屋根の実例、納まり図面

化粧プレートでの鋭角な軒先の納め

鋭角な軒先の納めと、課題

 
最近の軒先納めの傾向に、「鋭角な軒先」があります。
これは建物ができあがったあと、多くの場合軒先は下(地面側)から見上げる部位です。その際に軒先を尖端化させていると軒先の「唐草の厚み」を無くせ、屋根の先端・軒先をスマートに見せられる効果があり、建物意匠全体が引き締まります。
 
反面、「鋭角な軒先」のためには内樋の雨仕舞いや、軒先先端部の納めのために鉄骨下地が必要など、構造が大がかりになってしまう課題もあります。
         

化粧プレートを使用してのシンプルな鋭角化

    そこで、
「屋根全体の外観で見た場合の鋭角化」ではなく、
「居住する人の視点で見た場合にのみ、軒先の見せる」
に特化した、シンプルな軒先納めが左記のアイデアラフです。
鋭角な軒先の演出のため、軒先先端部には軽量なアルミの化粧プレートを設置し、その受けに補強用プレートも追加。 
この仕様であれば、母屋構造体から軒先の荷重受け用の鉄骨を延長することなく、通常の下地構造で納めることのできるアイデア例です。
 
         

完成イメージ

このように、屋根意匠の実現には様々なアプローチがあります。
ただし、「施工後の安全性・耐久性」も「意匠」とともに両輪で実現しなくてはなりません。

屋根の開発・製造・施工を手がけるカナメでは、様々な事例のノウハウで
施主様・建築家様のイメージをカタチにいたします。

屋根の意匠・スペックでお困りの際は何なりとお声がけ下さい。
       



金属屋根の【 開発 ・ 製造 ・ 施工 】を手がけるカナメでは、
自社での屋根材の開発力を活かし、様々な屋根の納めに柔軟に対応しています。
「 このような納めができないか? 」
など、ご不明点やご要望などございましたら、何なりとご連絡下さい。





■ 本社総合受付  TEL.028-663-6300 / FAX.028-660-3858
■ 東京営業所   TEL.03-3562-0651 / FAX.03-3562-0653

金属素材・技術情報

製品カタログダウンロード

CADデータダウンロード