金属屋根(ガルバリウム鋼板・チタン)製造メーカー・施工・販売・大型施設・公共施設の屋根工事・改修工事のカナメ

> 会社案内

屋根・壁・雨どいの雨漏り・傷み営繕

工事のメリット+α

  1. 雨漏りや破損、汚れを解決するだけでなく、修理・改修に使われる部材が最新の物になりますので、工事後は建築当時のよりも長期にわたりメンテナンスの手間と費用が少なくて済みます。
  2. 工事に合わせ、鉄骨補強、部分増築、省エネ機器の導入など手間と費用を抑えて設備投資ができます。
  3. 外観や壁面の企業ロゴが「美しく」なることにより、
    お取引先やお客様の印象が想像以上に向上いたします。
  4. 従業員の愛社精神、モチベーション、仕事への取り組み姿勢に大きなプラス影響を及ぼし、生産品質や、改善活動が向上したと、施工をされたお客様からお声をいただいています。

従業員「古い職場だなぁ…」取引先「この会社で大丈夫かな…」→従業員「きれいな職場は気持ちが良いな♪」取引先「きっちりしていて信頼できるな♪」

工事の注意点!

雨漏り箇所の特定入り組んだ鉄骨や配線で、雨漏りが広範囲に
拡散してしまっている。

雨漏り箇所の特定

当たり前と思われるでしょうが、大きい建物では進入した雨水が鉄骨や配線に伝わるため、実際に雨漏りが発生している場所が5m、10mと離れているケースが多くあります。工事業者によっては経験や人手が足りず、特定をしないまま「誤った場所」に必要の無い工事をしてしまうケースもあります。

当然、雨漏りは解決しませんし、誤った工事により建物を傷めてしまいます。

カナメでは専門の調査スタッフが数多くの経験に基づき正確な調査を行い、調査書を提出いたします。その上でお客様毎の今後のメンテナンスも想定した、最適な対策案を提示させていただいております。

屋根

塗装の「はがれ」「雨漏り」を放置しておくと、さらに建物や設備を傷めてしまいます。屋根の改修は早期対策が最もコストが安く済みます。

工法①「カバー工法」

今の屋根の上に新しい屋根を重ねる工法です。
工事が短く、廃材も出さずに、手軽にサビ・色あせに強い屋根に改修できます。
さらに屋根が2 重になることにより、断熱効果、遮音効果も見込めます。

ストレート屋根

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

折板屋根

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

瓦棒屋根

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

工法②「張り替え」

傷みの激しい場合などに古い屋根を撤去し、改めて新しい屋根を張る工法です。
カバー工法に比べ、屋根の強度を高くすることができ、屋根の重量も軽量に抑えられるので建物への負担も軽減できます。

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

工法③「塗装」

傷みが軽微な場合や費用を抑える場合に適した工法です。
塗装の剥がれやサビを修繕すると共に、今後の傷みも予防します。また、断熱塗料を選ぶことも可能です。

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

ページ先頭へ

壁(屋外・屋内)

外壁の傷みは鉄骨を傷めたり、空調効率の低下を招きます。
また、綺麗な外観は「企業の信頼性」や「製品イメージ」に大きなプラスとなります。

工法①「カバー工法」

今の外壁の上に新しい外壁を重ねる工法です。
工事が短く、廃材も出さずに手軽に外壁の改修ができます。
また、外壁が2 重になることにより、断熱効果、遮音効果も見込めます。

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

工法②「塗装」

傷みが軽微な場合や費用を抑える場合に適した工法です。
塗装の剥がれやサビを修繕すると共に、今後の傷みも予防します。また、断熱塗料を選ぶことも可能です。

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

鉄骨の「塗装」

鉄骨のサビは放っておくと見えない所で腐食が進行してしまいます。
また、塗装の剥がれやサビの粉が精密機械や製品に混入するリスクもあります。

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

ページ先頭へ

雨どい

雨どいの破損により、想定していないところに雨水が流れ、より大きな破損を招きます。費用も手軽ですので被害が出る前に早期の修理をしましょう。

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

ページ先頭へ

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください 参加費用のご案内、無料調査の実施、見積りの算出をいたします。 028-663 6300 (受付時間 8時30分~17時30分 (対応エリア:東京都、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、群馬県、福島県) お問い合わせはこちらへ

工事サービス

製品カタログダウンロード

CADデータダウンロード