金属屋根(ガルバリウム鋼板・チタン)製造メーカー・施工・販売・大型施設・公共施設の屋根工事・改修工事のカナメ

> 会社案内

暑さ、寒さ、騒音、断熱・エコ対策

工事のメリット+α

  1. 外気の侵入( 夏の暑さ・冬の冷気)をブロックし、内気(冷房・暖房)の流出を防ぎます。
    空調の効率を上げ、年間を通じてエネルギーコストを削減できます。
  2. 暑さによる「熱焼け」を防止。設備や保管品の傷みを防げるだけでなく、暑くて使えなかった
    天井付近のデッドスペースも活用できるようになります。
  3. 就労環境の快適化により従業員の方の集中力が増し、生産性・安全性の向上に大きく寄与します。

断熱対策により-15.7℃ ※当社製品試験値

工事の注意点!

結露での漏水・腐食

結露での漏水・腐食

断熱の際には空気の流れも考慮しないと、屋根の裏面に結露が発生し、漏水や腐食の原因となります。
カナメでは通気構造を備えた外断熱や、余分な熱や湿気を排出する換気棟などでトータルの機能をご提案いたします。

屋根の断熱

直射日光を受け、面積も多きい「屋根」は最も熱対策の効果が現れる場所です。

工法①「断熱材の設置」

発泡系

発泡スチロールの様な断熱材を屋根の下に一面に設置する工法です。
最も断熱効果が高く、断熱材に通気層を設けてありますので、屋根の結露も抑制できます。
システム-Vi 工法)

グラスウール系

ガラス繊維の綿のような断熱材を敷詰める工法です。
屋根下に鉄骨やビスなどの凹凸があっても簡単に設置ができます。

工法②「断熱塗装」

断熱材設置に比べ、断熱効果と耐用年数は劣りますが、最も手軽にできる工法です。
屋根の傷みがない場合に適しています。

ページ先頭へ

壁の断熱

屋根に次いで熱対策の効果が現れる場所です。
熱の侵入を防ぐだけでなく、空調の効果が外部に流出することも防ぎます。

工法①「サイディングで壁の2重化」

断熱材を内包した材料を、現在の壁に重ね張りします。
断熱・遮音効果の向上と共に、高耐久の塗膜層で長期にわたり色あせ、汚れを抑制します。

工法②「断熱塗装」

断熱材設置に比べ、断熱効果と耐用年数は劣りますが、最も手軽にできる工法です。
軽微なひび割れなどの修繕にも適しています。

ページ先頭へ

エコ対策

①窓の断熱

エアコンの効きが悪いな… 窓からの熱流出 31.9% 屋根・壁断熱を施した建物の冬場の暖房ロス ※社団法人日本建築産業協会「断熱材省エネルギー表示制度研究調査報告書」より抜粋

事務所や校舎など窓の多い建物では窓のからの熱損失が大きな問題です。
窓の2重化により建物全体の機密性を高めることが可能です。

②屋根・天井の換気

換気棟(かんきむね)

コストをかけずにできる換気です。
屋根頂上部に換気口を設けることで自然換気が発生し、熱や湿気を排出します。(換気棟)

ルーフファン

維持管理費は若干かかりますが、強制的に熱・湿気が排出でき空調効果を高められます。

ページ先頭へ

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください 参加費用のご案内、無料調査の実施、見積りの算出をいたします。 028-663 6300 (受付時間 8時30分~17時30分 (対応エリア:東京都、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、群馬県、福島県) お問い合わせはこちらへ

工事サービス

製品カタログダウンロード

CADデータダウンロード